【ポケモンUSUM】悪統一が強いけど辛いっていう話 | 驚天動地な英雄譚

【ポケモンUSUM】悪統一が強いけど辛いっていう話

スポンサーリンク

他統一の記事はこちら

どうも、悪統一おじさんです。

少し前に威嚇ガオガエン入り悪統一の記事を投稿したとき、悪統一は引退するとか何とか書きましたが、何故か未だに続けています。

まあ理由は今更新しいポケモン育成したりパーティ考えるのめんどくせぇって事で、ゴースト統一と違って結構勝利パターンが分かりやすいパーティとして出来上がっていたため、少しずつメンバーを変えてレートを下げたり溶かしたり爆発させたりしていました。

その中で、個人的に選出されると辛かったポケモンと、実際そうでもなかったポケモンを、対策法と一緒に書き連ねていこうと思います。

そして私にもっと上手い悪統一の作り方とプレイングを教えてください…

※基本的には私自身が育成したポケモンの範囲内での対策をお話すると思いますので、先に【ポケモンUSUM】悪統一で使ってたポケモン達の紹介の記事を見ると分かりやすいかもしれません。

辛いポケモン

ミミッキュ

いつもの。悪統一で安定して勝つのは不可能に近い。

以前公開したかえんだまなげつける型の威嚇ガオガエンなら、純粋な剣舞アタッカー型を後だしで何とか倒せる。(ミミッキュの居座りorラス1対面が前提)

他には、例えば襷キリキザンなら対面で岩石封じ→アイアンヘッドでも対処可能。ベトベトンもくいしんぼう混乱実で無理やり耐える事が出来なくは無い。

しかしいずれもアタッカーに対する対抗策で、鬼火、呪い、電磁波、いたみわけ等のサポートを主軸としたミミッキュは割とどうしようもない。

その中でも身代わり持ちはガオガエンでも対処不可なのでお手上げ。身代わり剣舞は最早犯罪である(霊統一で身代わり剣舞ミミッキュを使いながら)

ルカリオ

物理型も特殊型も両方しんどい。

物理型はHBぶっぱのバルジーナでそれなりに対処可能。ただしバルジーナは複数の物理アタッカーを見る場面が多いので、1:1交換でやられて後ろのランドロス等で壊滅というのは稀によくある。

問題は特殊型。適応力下の悪巧み気合球は日頃から善行を積み、祈りを捧げることで回避する。

波動弾はやはり火力不足を懸念してか、採用してるルカリオはあまり見た事が無い。見る前に悪巧み真空波で壊滅する事もあるが…

対策としてはベトベトンにチョッキを着せて耐久に振るのが安定か。

ほのおのパンチも教え技で習得出来るため、立ち回りによっては狩れる可能性がある。

汎用性を考えるならくいしんぼうリサイクル。特殊ルカリオや守り神等を重く見るならチョッキ型を採用といった風になるだろうか。

バシャーモ

ルカリオと双璧を成す受け出し不可能な格闘メガ枠。

対面であればバルジーナがゴツメで削りながら隙を見てブレバで潰せるので楽だが、そこは相手も分かっているので、対策としてコケコorボルトはほぼセットで選出される。元々どっちも悪タイプに有効打があるのでまず腐ることは無いという考えで出しているのだろうが…。

一番辛いと思ったバシャーモはバトン型。パーティから型を読んで上手くバルジーナとあわせて挑発が理想の流れではあるが、残念ながらそんなドンピシャに読みを決めるセンスは無かったので負けに負けまくった。

ジャラランガ

よわいわけがないのだ!とか色々ネタにされるが、悪統一においては恐ろしい突破力を持つ積みアタッカーとして悪名高い。

悪タイプはそもそもフェアリー複合が存在しない&鋼複合がキリキザンのみであるため、ドラゴン技の通りがすこぶる良く、ブレインジングソウルビートは確実に決まってしまうため、ジャラランガは全て1段階上昇したパラメータから耐久や素早さの調整を考慮しなければならない。

倒せるとしたらスカーフゲッコウガ辺りだろうか、相手が積む前にダメージを冷ビ圏内に入れておく必要はあるが…。

先制技を持っていないので襷カウンターや、耐えてがむしゃら→先制技で無理やり持っていくのも大切。ジャラランガはそこまでやらなきゃ勝てないほどの強者なのだ。

あ、身代わり持ちは無理でーすwww

スイクンorミロカロス

耐久型の水タイプは正攻法では突破不可能。

というのも、悪統一は電気複合が存在せず、草複合もノクタスやダーテング等の癖の強いポケモンしかいないため、明確に対抗策を立てないと選出されただけで詰む可能性が高い。

ノクタスは夢特性にちょすいがあるため、奴等のねっとうは全く怖くないが、レヒレやマリルリ等のフェアリー複合の事を考えると安定しない。そもそも種族値的に安定なんか無いポケモンである。

一番楽で使いやすい対策はクサZゲッコウガ。大抵の水耐久はこれだけで倒せるが、しかし当然メジャーな型になってきたタイプのゲッコウガなので、相手も読んでくる事が多い。

一応バンギラスをチョッキ型にして、10万や雷パンチを覚えさせれば突破出来るのかもしれないが、汎用性もイマイチなうえに普通に再生連打で受けられそうなのでオススメしない。

クチート

後述するミミロップと共に、メガシンカする事で嫁系ポケモンが好きな萌え豚共を釣り上げたアイドルポケモン。お前ら5世代以前に散々ゴミポケ扱いしてたの忘れてないからな。

単体では足も遅く、不意打ちも悪タイプにまるで効かない技なので脅威ではないが、トリックルームが組み合わさると途端に厨ポケと化す。

メガクチートに上からじゃれつかれて無事でいられる悪タイプはほんの一握りなので、威嚇や火傷で火力を誤魔化すか、トリルが切れるまで耐える必要がある。

実際クチートそのものはなんとかなるが、大抵セットで選出されるミミッキュやポリゴン2が非常に厄介な上、ミミッキュとクチートの対策ポケモンは大抵モロに被ってるので、どちらか一方を対処出来たとしても、残りのミミッキュorクチートに何も出来ず負けるというパターンが往々にしてある。

そしてここまでガチガチにトリルで固められると、こちらも選出誘導させられ裏選出まで頭が回らなくなり、裏のメガバシャが膝を飛ばすだけで終わる試合も往々にしてある。

スポンサーリンク

そんなに辛くないポケモン

ミミロップorチャーレム

ルカリオ、バシャーモはまるで受けられないが、ミミロップやチャーレム程度ならそこそこなんとかなる。

勿論理由はバルジーナの存在。というかそもそも格闘受けであるバルジーナが受けられないルカリオバシャーモの方が絶対におかしい。

ミミロップとチャーレムに共通するのは、積み技を持っていないという事。

どちらもサイクル戦を主とし、猫騙しで削りながらダメージを稼ぐのが一番メジャーな役割ではあるが、ゴツメバルジーナ相手には絶好の鴨となるので後投げが大安定。さすがにメガチャーレムの膝は2発で落ちるが、大体初手に来るのでバルジーナで対面させやすい。というかそもそもあんまりいない。

ちなみにメガミミロップの膝は3発耐える。ついでに雷冷パンチどっちも余裕で受けられる。

カプ・テテフ

悪統一と聞いてかなり辛いポケモンだと思われる方もいるかもしれないが、正直全く怖くない。むしろガンガン選出して欲しい。

第一の理由はアローラベトベトンの存在。

SM初期シーズンでは、チョッキを着てテテフのムンフォを3発ないし4発耐える程耐久力に優れたフェアリーキラーとして名を馳せたが、真の強さはUSUMで発揮された。

教え技リサイクル習得により、チョッキを持たずともくいんしんぼう+混乱実でムンフォを3発以上耐えられるようになった上に、相対的に物理方面でも耐久を活かせるようになった。

しかしテテフ側も馬鹿ではなく、鋼タイプやバンギの対策なのか、格闘Z持ちが一定数増加。今まで後投げで余裕で受けられていたベトベトンがムンフォ(この時点で木の実発動圏内に入らない)+きあいだまZで潰される場面が何度かあった。

ここまで徹底的に悪統一絶対殺すマンと化すとさすがに勝てる気がしないのでさっさとスカーフを巻きなおしてくださいお願いします。

カプ・コケコ

悪統一では普通のパーティ以上にランドロスとセットで選出されるとんボル野朗。

コケコを素で抜ける悪タイプは存在しないので、相手からすれば適当にとんボルをすれば普通に勝てると踏んでの選出だろうが、いや、対策してるに決まってんだろ。

タイプ的にはワルビアルを選出すればそれだけでボルチェン対策になるが、後ろのランドロスにやれる事が少ないので対策として考えると少々足りない。というかさすがにマジカルシャインが怖い。

しかしメガバンギラスなら簡単に龍舞の起点に出来る。ようき最速で龍舞する事で130族抜き抜きまでいけるため、冷パンと組み合わせてコケコランドを蹂躙出来る。

他にも毒複合はアローラベトベトン、ドラピオン、スカタンク等が使えるためコケコ単体は楽に処理出来る。

もっと言うと、ゲッコウガにスカーフを持たせることで上からダストシュートを放れるためこちらも有効な手段といえる。

カプ・レヒレ

ここまで来ると最早言うまでも無く、対策は腐るほどある。

しかし相手側から見ると対策ポケモンはすぐ特定出来るため、個人的にはゲッコウガの草結びZ、サザンドラのゲップZ等の不意を突いた対策が一番効果的だと思っている。ゲッコウガはそもそもダストシュートがあるのでZ採用型である必要は無いが、スイクン等の水耐久やカバルドンも落とせる利点がある。

ただし、レヒレとセットでミミッキュを持ってこられると、火傷をさせてミミッキュを置物にする戦法がミストフィールドで邪魔されるため相当厄介。

マリルリ

レヒレとタイプは同じだが、対策方法は多少異なる。

とにかく火力があり、はらだいこもあって受けが成立しないように思えるが、バルジーナで結構簡単に狩れる。というかはらだいこ型なら上からイカサマで殴れる悪タイプなら誰でも倒せる。

さすがに鉢巻マリルリは怖いので交代はやや勇気がいるが、バルジーナに引いてゴツメで削り、後ろのゲッコウガ辺りの圏内に入れられればどうにかなる。後ろにバルジーナ必須の凶悪な物理アタッカーがいたらさすがにどうにもならないが…

ボーマンダorリザードン(物理)orメタグロス

後ろにバルジーナ必須の凶悪な物理アタッカー達。

マンダはイカサマ連打で大抵なんとかなり、龍舞されても結構耐えられる。リザードンXもギリギリだが耐えられる事がある。

メタグロスはアイヘの怯みゲーを掻い潜る必要はあるが、イカサマが抜群で入るので連打で構わない。

逆に言えば、バルジーナが居なくなってしまえばこいつらを止めるポケモンは皆無であるため、バルジーナ対面では必ず勝って処理しなければならない。

ラグラージ(雨パ)

雨パ、特にペリラグはバンギラス+バルジーナの2体で案外簡単に突破出来る。

バンギラスはメガシンカすることで再びすなおこしを発動出来るため、相手のあめふらしのタイミングを読んでメガシンカターンをずらす事で戦法を瓦解させられる。セットで選出されやすいコケコに強いのも嬉しい点。

雨パの真髄は裏選出にある。とよく耳にするので、裏も考慮した選出をすると尚良い。まあそれが出来れば苦労しないのだが…

フェローチェorウルガモス

虫タイプは悪タイプの弱点とはいえそんなに怖いポケモンはおらず、強いていうならフェローチェかウルガモスくらい。マッシブーンちゃんは、素早さと特防がね…

どちらもバルジーナにブレバがあれば簡単に処理出来るが、フェローチェは特殊型だった場合がやや面倒。やや、だが。

ウルガモスはバンギラス、ワルビアル等の岩技持ちでも対策可能。そもそもさざめきを持ったウルガモス自体かなり減って来ているみたいなので余計戦いやすい。

スポンサーリンク

まとめ

環境を意識し過ぎたのか、フェアリーに対してはそこまで弱くなく、寧ろ格闘に対する対策が薄いという結果になりました。

実際自分の使っている悪統一はバンギラスがエースを張っているため、格闘タイプがきついのは当然。ならヤミラミでもミカルゲでも入れてろって話。今のフェアリー黄金期環境じゃ受けが成立しないだろうけど…

他にもいろいろ対策のやり様はありますが、私自身が使用してきた悪ポケモンを使うのならという話に過ぎないので、後は各自で試行錯誤を繰り返せば良いんじゃないでしょうか?

…正直なところ、ポケモンに対するモチベーションは日に日に低下していっているので、そろそろ第8世代の情報か、ダイパリメイクとかの情報で持ち直させて欲しいです。

ピカブイなんて知るか!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。