特撮好きの視点で観る『SSSS.GRIDMAN』【第1話感想】 | 驚天動地な英雄譚

特撮好きの視点で観る『SSSS.GRIDMAN』【第1話感想】

スポンサーリンク

今季秋アニメの覇権と言われている『SSSS.GRIDMAN』。その昔放送された円谷の特撮、電光超人グリッドマンをアニメ化したものです。

電光超人グリッドマン Blu-ray BOX

残念ながら、私は昔から専ら東映派だったため、原作のほうは未視聴です。

勿論存在は知っていましたが、まあまあ古い作品で尚且つレンタルDVDで取り扱ってる店が少ないこともあって観る機会は逃しまくっていました。

そんな人間でしたが、今回のアニメを見た感想はハッキリ言って100点満点です!

原作知らないから小ネタは色々見逃してると思いますが、特撮はそれなりに理解がある方だと自負していますので、所々に散りばめられた「実写の特撮作品」を彷彿とさせる演出、演技が非常に刺さりました。

まだ1話しか視聴していませんが、とりあえず目に付いたエモい点を挙げて悦に浸ろうと思います。

第1話 「覚・醒」

Ⓒ円谷プロ Ⓒ2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

色々すっ飛ばす形になりますがまずアクションから。

円谷ではお馴染みの土煙着地。

ウルトラマンを彷彿とさせるあの着地シーンをアニメで再現するとはさすがよく分かってると思います。

最初にやったのガイアでしたっけ?その辺本当に詳しくないので申し訳ないです。

怪獣の首根っこを掴んで蹴り上げたりチョップしたりする怪獣プロレスもいかにも円谷作品らしい。

Ⓒ円谷プロ Ⓒ2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

怪獣も、このいかにも「中に人間が入ってますよ」って感じの独特な動きが完全再現されていて、もうこのシーンだけでも神アニメに認定して良いと思います!

モーションキャプチャで再現してるんですかね?本当に実写特撮を見てると錯覚するレベルのどっしりとした重量感ある動きが、良い意味でアニメらしくない表現で、私はここが一番ツボに入ったシーンでした。

アニメもここまで進化したか…

Ⓒ円谷プロ Ⓒ2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

怪獣が乗り捨てられた車を破壊するシーンも、本来こんな重量のものが乗っかったら潰れるはずなのに、原型を留めたまま吹っ飛んでいきます。

このアニメは何よりジオラマ感を徹底的に追求しているのが非常に好感が持てますね。ビルに車が刺さってるシーンもっぽいなぁって思う…

特撮っぽさを引き出すという意味のジオラマ感も勿論あると思いますが、後の話の伏線にもなりそうですね。

Ⓒ円谷プロ Ⓒ2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

そして特撮っぽさといえばこの街に佇む怪獣。

日常の中に突如現れた非日常、怪獣映画の最大の魅力といっても過言ではないでしょう。

夕焼けの日が差し込む霧の中にいるというのもかなり素敵なシチュエーションだと思います。

Ⓒ円谷プロ Ⓒ2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

最後にアクションとは関係ないですが、主人公の「怪獣が聞こえる」っていう台詞にすごいセンスを感じました。

恐怖とか危機の具現化とも呼べる怪獣の存在が、まるで足音を立ててこっちに向かってくるような言い回し…特撮、特に怪獣映画を手掛けた人間じゃないと絶対出てこない台詞だと思います。

ハイセンスすぎて「もう一回病院行ったほうが良いんじゃない?」とか言われてたけど。

スポンサーリンク

まとめ

アクション以外にも、BGMに頼らず環境音と演技で魅せる日常のシーンとか。

その静かな日常を突如としてぶち壊す怪獣(非日常)の一連の流れの温度差とか。

ヒーロー物のお約束、優勢時のOP挿入とか。

最近のアニメと比べて、久しぶりにものすごく引き込まれる第1話でした。

話の流れ的には、10年くらい前にこんな感じのロボットアニメ夕方にやってたなーと思いましたが、そもそも原作が90年代でインターネットというものに馴染みが無い時代で、それでも尚ネット世界で戦うヒーローを作り上げたパイオニアのようなものなので、基礎としては電光超人さんが先という事になるのでしょう。

正直最近の深夜アニメでここまでワクワクした第1話は初めてです。

これはもう原作観るしかないでしょ!と思ったので早速そちらも1話から視聴してきます!

アマプラなら全話無料配信してるし!

Amazonプライム会員登録はこちらから 

では、2話以降また感想を書くか分からないですけど、そのときはよろしくお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。