【ネタバレ注意】仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER【感想】 | 驚天動地な英雄譚

【ネタバレ注意】仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER【感想】

スポンサーリンク


皆様お久しぶりです。プリキュア映画以来の映画感想ですね。

諸事情により引越し&初の一人暮らしが始まったため、こちらのブログにまで手が回らなかった事をお詫び申し上げます。ニチアサ実況は毎週欠かしてなかったけど…

そういうわけで、平成ジェネレーションズFOREVERを観てきましたので、感想を書いていこうと思います!

まず評価としては…、

元々期待していなかったのもあってそこまで良くは無かった印象です。

というのも、私自身がそもそも「仮面ライダージオウ」という作品自体の脚本があまり好みではなく、今回の映画も「歴代平成ライダーが出るならまあ観に行こうかな?」程度のノリで楽しむつもりだったので、ぶっちゃけ熱く語れる程の熱量はありません。

むしろジオウという作品自体に対する不満をぶちまけたい程です。

今回はやや斜に構えた風の細かい指摘が多いかもしれませんが、一重に大好きな仮面ライダーシリーズに対する個人的かつ正直な意見として捉えて下さい。

仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER オリジナル サウンドトラック

ジオウの世界観とのベストマッチ?

今回も冬映画の例に漏れず、今作(ジオウ)と前作(ビルド)のライダーが中心に話が進んでいました。ただジオウという作品の性質上、レジェンドライダー達にもスポットライトを当てなければならないため、全体的に話の進行が非常に分かり辛い印象を受けました。

ただでさえ時間軸の分岐や過去改変を題材としたややこしさに、歴代ライダーの設定も噛ませるという、挑戦的といえば聞こえは良いが、観る人が見ればただの無謀な脚本なジオウの作風に良くも悪くも完全に引っ張られていました。

全く訳が分からないというわけでは無い。でもあまりに複雑かつ超絶スピーディーな場面転換のせいで、今までの映画シリーズの中でも断トツで視聴が疲れる作品だと思いました。実際両隣に座っていた子供も飽きてしまったのか、親御さんに話しかけたりお手洗いに行ったりしていました。

とはいえ、上手いと言えなくも無い展開もありました。

本作のキーとなる「フィクション」という要素は、転じて「創られたヒーロー」と呼ばれた仮面ライダービルドの存在にも通じるところがあります。

創られた偽者だろうが、誰かが自分の存在を知っていて、自分の居場所がそこにあるという事に価値がある。それが『仮面ライダー』である桐生戦兎が見つけたある種の答えでした。

ある意味達観というか、客観視したヒーロー感を見せつけられたソウゴも、最終的には「戦兎がそう言うなら…」と納得した上で決戦に臨みました。

もっと言えば、ジオウ自体も「レジェンドライダーの出演のための土台」として創られたヒーローと言えなくもないでしょう。


平成のクウガ~ジオウまで積み重ねた歴史は全てフィクションだった…。まあ、割とありがちというか、某非公認戦隊でも似たような展開がありました。クウガからリアタイ視聴をしていた私のような平成ライダーファンにとって、その思い出を根底から覆すような脚本はあまりにもリスキーだったと思います。

「夢オチ」や「ラスボス含めてみんな仲良く大団円」等と同じくらい、「この話は作中作だった」というのは視聴者をガッカリさせる要員の1つだと私は考えていますので、アタルの部屋での会話はハッキリ言って全く必要無いというのが私の意見です。

スポンサーリンク


フータロスの存在意義

必要ないついでに、フータロスについてです。

ぶっちゃけ、こいついなくても良くないですか?

平成ライダーの存在抹消を阻止するためにアタルに憑依した。まあ分かります。

なんでこいつがそんな使命感を持って動いているのかの説明が一切されていない事を除いて…

前情報でやはりイマジンなので、モモタロス達の絡みがあるのかと思いきや一切そのシーンはなく、ジオウの新たなパワーアップ要素のフラグにもならず、味方としての戦力で見てもほぼ戦力外。アナザー電王となったアタルとの絡みもほどんど無し。

フータロスという新たなイマジンの登場に多少なりとも期待はしていた私としては、ハッキリいってこの程度の扱いなら最初から居なくて良いと感じました。

今後ジオウ本編で絡みがあるかもしれませんけどね…まず今回の映画で電王のライドウォッチ手に入れてないし…。

それにしてもアナザー電王は今回のゲストキャラが変身していたのにアッサリやられるし、アナザーWにいたってはそもそも変身者自体が不明だし、後半のもやもやっぷりが半端なかったです。

スポンサーリンク


野上良太郎

今まで他作品で電王のゲスト出演は数あれど、全てモモタロス及びイマジンのみで出演枠を埋めていたこのシリーズに、まさかまさかの野上良太郎役の佐藤健がサプライズ出演!映画館でも戸惑いと驚きが溢れていました。

長らく「佐藤健は二度と仮面ライダーには出演しない」と言われていましたが、この平成最後の映画で出演してくるとは…!こればっかりは高評価せざるを得ません!

が、それだけです。

私はある意味ジオウの脚本や設定という点において一種の諦めのようなものを感じていて、「レジェンドの俳優さんが客演して元気な顔を見せてくれるだけでいいや」というスタンスでジオウ本編を視聴しています。

それ以上でも、それ以下でもありません。いくら佐藤健だろうが水嶋ヒロだろうがオダギリジョーだろうが、出したところでジオウの脚本が良くなる訳ではありませんから。

むしろ、変身出来ない&戦って来た歴史と記憶が無いなら、客演者の存在意義とは…?となってしまうこと請け合いです。

まあ良太郎は特異点という体質のおかげで電王の力を失わずに済んだみたいですが…。

電王はかなり好きな作品だっただけに、佐藤健の出演やモモタロスの「忘れる訳ねぇだろ」という発言には悶えますが…それが作品自体の評価に繋がるかと言われると話は別だと思います。

頑張れ!仮面ライダー!

ここまでかなりめんどくさいオタクムーブをかましてきましたが、このあたりで一番評価が高いであろうオール平成ライダーの活躍について…


ビルドを始めとしたクローズ、グリス、ローグの4ライダーはいわずもがな、サブとして電王、クウガ、Wがピックアップされた本作。
それに続き、なんとアギトや龍騎までもが新規ボイスで登場!素顔はさすがに無理でした!
他は収録済みのボイスをそのまま引っ張ってきたのでしょうか?クウガのライダーキックやフォーゼの宇宙キター!、ベルトさんのstart your engine!等々、懐かしいボイスが飛び交う戦闘シーンは平成ライダーファン必見です。

響鬼、ウィザード、龍騎の炎属性の連携や、
ドライブ、555、カブトのスピードタイプ同盟、
鎧武、オーズ、ブレイドの斬撃組と、少し前にHUGっとプリキュアのオールスター回にも見受けられた「作品を越えた共通点で繋がる連携」を見事に実現してくれました。

アナザーアルティメットクウガに打ち込んだ全ライダーのライダーキックもCGモリモリで非常に見応えがありました。


戦闘以外だと、ソウゴがアタルとシンゴの真実に気付くシーンはBGMも含めて完全に進兄さんの脳細胞がトップギアするときの恒例でした。

そしてウォズの星の本棚もどき。キーワード1つで検索が完全に絞り込めたのは、やはりフィリップ並の知識量が無かったせいだろうか…

まあ、こういうオマージュやギャグだけは全力でやるのが下山健人という脚本家なのでその辺は評価します。だから本当、設定をちゃんと練って脚本を書いてくれませんか…?


スポンサーリンク



まとめ

私は平成ライダーで好きな作品はクウガとWだったので今回の映画ではドンピシャなターゲット層だったのですが、如何せんジオウの脚本に数々の不満を抱えて過ごしていたので、素直に楽しむことが出来なかったというのが本音です。

ただクウガのマイティキック(うぉりゃああああのボイス付)をスクリーンで観られたことについては感激です。

一方アギトは謎の光る手刀でザコを蹴散らしていました。激気研鑽かな?


とまあそんなこんなで、客演やレジェンドの戦闘についてはそれなりに楽しむことが出来ました。

ジオウとビルドの映画として見ると、お世辞にも高評価とは言えません。
正直、後半の話の畳み方はかなり酷いと思いました。これならアタルをフータロスに憑依させたまま電王系列の新ライダーを誕生させたほうがまだ良かったんじゃないかと思います。それはそれで色々キツそうですが…


そして何度も言いますが、話がとにかく分かり辛い。確かにああいう時間関係の設定は難しいでしょうが、視聴者側に分かり易く見せようという意思をあまり感じ取ることが出来ず、ただただ「この展開を考えた俺スゲー!」を見せられているような感覚に陥ることもありました。


「オトナの事情に突っ込む奴は馬に蹴られる」
ジオウ補完計画でこのフレーズが出てきたそう(私は見た事無い)ですが、私はこのフレーズが本当に大嫌いです。一クリエイターが言っていい台詞とは到底思えません。

仮面ライダー、およびニチアサ番組がメインターゲットに想定しているのは子供です。それはイコール大人の目線で楽しむなということにはならないはずです。
私も長いこと東映の作品を観てきた人間なので、そういう事情や仕方の無い部分はあるのは分かります。ただそれを公にしてあろうことかネタにしようとしているのは、ハッキリ言って作品に対する侮辱と受け取られる可能性だってあると思います。

メタネタは結構ですが、そのスタンスを改めないと、少なくとも私は今の仮面ライダージオウを素直に楽しむ事が出来そうにありません。
今回の映画の出来を見て改めてそう感じました。


自分の好きなものを嫌いにならなければいけない辛さを少しでも分かっていただければと思い、私はこのヘイトが滲み出る文のままこの感想記事を投稿しようと思います。


ジオウもそろそろ中盤戦。良作といかないまでも、ちゃんと伏線をキッチリ回収して綺麗に終わることを期待しています。

そして最後には、ジオウは面白い作品だと是非言わせて下さい…お願いですから…。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。