【ポケモンUSUM】悪統一で使ってたポケモン達の紹介

【ポケモンUSUM】悪統一で使ってたポケモン達の紹介

他統一の記事はこちら

【ポケモンUSUM】タイプ統一パの戦い方

【ポケモンUSUM】毒統一で使ってたポケモン達の紹介

【ポケモンUSUM】ゴースト統一で使ってたポケモン達の紹介

以前タイプ統一について色々書いてみたのですが、あれだけ長文垂れ流しておいて育成ポケモン1体も晒さないっていうのもちょっと無責任かな?と思ったので、今回は私にしてはまあまあ出来が良かった悪統一パーティのポケモン達を雑に公開します。6世代からの流用個体とか、別の悪統一使いの人のを参考にした個体もいるので、そんなに見栄張って紹介出来ないので…

ちなみに悪統一の最高レートですが、正直色々な統一を試してたりするので正確ではありませんが、USUM始まってすぐの辺りで1650くらいでした。あとは大体1500代をウロウロと…って感じです。

ね?説得力ないでしょ?

だってミミッキュにどうあがいても勝てないんだもん…

悪統一ってパーティ構築もそうですけど、結構プレイングしっかりしないと勝ち続けるのは厳しいんですよね(大体のタイプ統一に当てはまりますが)

あと、自分の使うポケモン達のメインウエポンの大体が命中不安なのもどうかとは思う…

まあこんな低レートのパーティなので、参考程度に留めて頂けると幸いです。

スポンサーリンク

スタメン悪ポケモン

悪統一の根幹を担うエース達。大体このメンバーはバンギ以外はどの軸でも入る。

バンギラス

持ち物:バンギラスナイト

性格:ようき

特性:すなおこし

努力値:ASぶっぱ余りB

技構成:ストーンエッジ/じしんorみがわり/れいとうパンチ/りゅうのまい

orasからの流用個体の我が悪統一のエース(エッジ外し芸人)

砂状態での特防は、きあいだまでも喰らわない限り殆ど1発は耐える。その硬さたるや、コケコのマジカルシャインを確定3発まで抑える程。フェアリーZ+シャインでやっと落とせるくらいだが、さすがにカプZはまだしもフェアリーZコケコには出会ったことはないので後投げも安定。これで耐久に一切振っていないのだから本当に化け物だと思う。

基本の立ち回りは受けられそうな特殊アタッカーの前に出して悠々と竜舞をしていくだけ。コケコ、テテフは特に初手で来やすいのでいきなり対面させる場面も多い。個人的には技枠は攻撃技3ウエポンを推したいが、後投げでポリ2辺りを出されることもあったので一時期じしんをみがわりに変更。その後、舞った後にエッジに頼る場面が多かったからか、とにかくバンバン外しまくり、結局元に戻した。

雨パ、特にペリラグコケコなんかはこいつ一体で完全崩壊させられるため初手で選出して大暴れしてくれた。

バルジーナ

持ち物:ゴツゴツメット

性格:わんぱく

特性:ぼうじん

努力値:HBぶっぱ余りS

技構成:イカサマ/はねやすめ/ブレイブバード/ちょうはつ

またしてもorasからの流用個体。安心と信頼のメイン盾

フェアリー以外の物理アタッカーは大抵こいつで受け止める。事実このポケモンはパーティ内でも圧倒的な選出回数を誇る。意外と特殊耐久もあるので読み違えてもある程度立て直す事は出来るため、受けはほとんどバルジ任せ。

技構成はoras当初から変わらず。イカサマとはねやすめは確定として、カグヤやらカバやらを相手取るちょうはつ、メガバナやガッサ、バシャに刺さるブレバ等、1つも腐りそうな技が無い。

強いて言うなら、ブレバの枠をどくどくか、とんぼがえり辺りに変えても良いかもしれない。

USUMでしれっとてっぺきが返却されているが、果たして現環境で積む機会があるのだろうか…

ゲッコウガ

持ち物:きあいのタスキorこだわりスカーフorいのちのたまorクサZ

性格:むじゃきorおくびょう

特性:へんげんじざい

努力値:むじゃきならASぶっぱ、おくびょうならCSぶっぱ

技構成:(確定枠)れいとうビーム/ダストシュート

(選択枠)

むじゃきの場合:けたぐり/とんぼがえり/くさむすび/みずしゅりけん

おくびょうの場合:めざ炎/くさむすび/みずしゅりけん

変幻自在ゲッコウガを悪統一に入れるのは甘えとか思っている方の意見はガン無視の方向で行きますね。

ゲッコウガの個体は複数いるため、環境に合わせて選択している。

霊獣おじさん達や、バンギで仕留めきれなかったフェアリーを上から潰す事が主な仕事。

技の確定枠にダストシュートがあるが、おくびょうでA下降していても投入は必須と考えていい。耐久の脆いフェアリー相手なら威力が下がっても十分持っていける。

タスキや珠を持たせたくなるが、スカーフを巻けば上からコケコやスカーフテテフを殴れるため最近はスカーフ持ちを使う事が多い。その場合はむじゃきの個体を使用する。

クサZはどや顔で居座るレヒレスイクンを跡形も無く粉砕するために一時期採用。水ロトムやヌオー当たりにも刺さるため意外に活躍する機会が多く、教え技が過去産でなければ実質使用不可だったSMレートではクサZゲッコウガがパーティに入っていた時期は多かった。

アローラベトベトン

持ち物:フィラのみorくろいヘドロ

性格:いじっぱり

特性:くいしんぼう(フィラの場合)orどくしゅ(ヘドロの場合)

努力値:HBベース余りA

技構成:(くいしんぼう)ダストシュート/はたきおとす/リサイクル/ほのおのパンチorれいとうパンチ

(どくしゅ)どくづき/はたきおとす/ほのおのパンチorれいとうパンチorまもる/かげうち

フェアリー入りのパーティはこいつがいなきゃ本当に勝てない。ミミッキュにも立ち回り次第で勝てる可能性があるためスタメンという扱いで紹介。そのくせ努力値調整はあやふやである

HBベースの努力値振りではあるが、Hは控えめテテフのムンフォをほぼ2発耐えるくらいは最低限振る。くいしんぼう型ならメガネも受かる。Bはミミッキュ意識で…と言いたいところだが、ミミッキュZのせいでSMで使ってた調整が塵と化したため、多分今更言っても参考にならない。フェアリーZのミミッキュなら抑えられるよ?一応積み対策でクリアスモッグというのも選択肢としてあるが、ややミミッキュピンポ気味で使いにくさがある。

USUMからの教え技でリサイクルと3色パンチが使えるようになって非常に使いやすくなったのも大きい。特にリサイクルはくいしんぼうとすこぶる相性が良く、最近はもっぱらリサイクル型のアタッカー一択で使用している。

3色パンチは、ベトベトン自体が鋼をかなり呼ぶため殆ど炎パン一択。どうしてもガブランドに交代際で打ちたいなら冷パンを入れるのもいいが、実際は素直にバルジーナを後だしした方が安定する。

ヘドロ型にはまもるを入れて、バシャやミミロップの膝を折ったりも出来る。逆にテテフコケコの処理が面倒にはなるが…

うちの子はいじっぱりの個体しかいないが、ゆうかんにしてガルド抜かれ調整をしても良いかもしれない。あいつゴーストのくせに普通に出てきて聖剣してくるし…

このベトベトンと、上記のバルジーナは基本的にセットで選出し、互いに弱点を補いながら受けまわし、隙を見てメガバンギで積むというのが理想の流れ。

スポンサーリンク

二軍悪ポケモン

スタメンと違ってパーティ内の出入りが激しい補完枠的存在。

サザンドラ

持ち物:こだわりスカーフorドクZ

性格:ひかえめ

特性:ふゆう

努力値:CSぶっぱ余りB

技構成:りゅうせいぐん/だいもんじ/だいちのちから/あくのはどうorゲップ(ドクZ必須)

ミミッキュや守り神さえいなければスタメンだった…。

環境的にはかなり辛いが、フェアリーがいないパーティであれば積極的に出していった。主にロトム受け。

眼鏡やアクZ、ドラゴンZ等の型があるが、悪統一において眼鏡型は余計フェアリー入りパーティに出し辛く、ドラゴンZも同じ理由で扱い辛い。アクZはそもそも論外。個人的に持たせるならスカーフ一択だと思っている。

というのが、SMまでの考え。

USUMになって、まさかのゲップ習得によりドクZが使用可能になり、後投げされたレヒレやアシレーヌ等の遅いフェアリーを一撃で葬れるようになった。

おかげでサザンより遅いフェアリーはあまり怖くなくなったため、選出機会は以前よりは多くなった。

キリキザン

持ち物:きあいのタスキ

性格:ようき

特性:まけんき

努力値:ASぶっぱ余りH

技構成:アイアンヘッド/はたきおとす/ふいうち/がんせきふうじorハサミギロチン

ミミッキュを憎みまくった末に生まれた兵器。

対面で岩石封じで皮を剥いでSを下げ、上からアイヘで落とすという型。岩封のターンで相手が剣舞を選ぶ前提の動きのため安定性に欠ける。

ミミッキュ以外にもギャラやランド等の威嚇持ちにも初手から出せるためミミッキュピンポにならずに済んだ。

ギロチンはカグヤとかレヒレとかの面倒な耐久ポケモンを処理するために採用。

持ち物はバンギの砂ダメの影響を受けない事を活かしてのタスキ。ただ火力に少し頼りなさを感じるため、珠やZの運用も視野に入れたほうが良いかもしれない。

ワルビアル

持ち物:こだわりスカーフ

性格:ようき

特性:いかく

努力値:ASぶっぱ余りH

技構成:じしん/はたきおとす/いわなだれ/ばかぢから

電気対策。orasからの流用個体

ASぶっぱで運用しているが、フェアリー意識でもう少し耐久に降ったほうが良い気がする。

電気対策とはいうものの、霊獣ボルト以外は大体バンギの起点にしてしまうため、あまり選出する機会は無かった。

一応タスキ型も考えたが、先制技が無い分まだキリキザンのほうが利便性がありそうだったので不採用。

技構成に関してもテンプレなので特に言う事なし。

威嚇込みの耐久調整をすればもっと上手に動けると思うが、威嚇ガオガエンが解禁した今となっては…という残念な感じ。

ギャラドス

持ち物:ギャラドスナイト(悪統一のためこれで固定)

性格:ようき

特性:いかく

努力値:ASぶっぱ余りH

技構成:たきのぼり/じしん/こおりのキバorアイアンヘッド/りゅうのまい

さすがにタイプ統一的にグレーな要素ではあるが、正直これでもミミッキュを倒せるかどうか微妙なので許して欲しい。

勿論ミミッキュの前でメガせず竜舞する事が基本の立ち回り。攻撃時にメガります。

相手もメガを前提として動くため、竜舞のターンに格闘技を打つ場面が多く助かってる半面、非常に申し訳なく思うところもあったりなかったり。

途中でAB振りミミッキュとかいう絶望感溢れる調整が流行し、応急措置としてアイヘを持って迎え撃つが中々対処が難しく、元々が違法スレスレな事もあってあえなく二軍墜ちとなった。

スポンサーリンク

今後に期待な悪ポケモン

ここからはまだあまり育成しておらず、今後使ってみたいと思う悪ポケモンを紹介します。

ガオガエン

夢特性の威嚇が解禁され、ミミッキュにも勝てる可能性が出て来たまさに可能性の獣

猫騙しやとんぼ返り等、サイクル向きの技が多いため、バルジベトンと組んで回しまくるのも面白そう。というのが最初の印象。

解禁された直後に物理受けとして何戦かやってみたが、思ったほど硬い訳でもなく、回復技も無いため、多分サイクルという意味ではバルジベトンに任せたほうが良いという結論に至った。

ホノオZでミミッキュを返り討ちにするアタッカーのほうがまだ使いやすい気がする。

サメハダー

バンギにメガ枠を譲っているためあまり採用機会が無いのが現状。

タスキもやっぱりバンギの砂が邪魔をするため使い辛く、技範囲的にもゲッコウガで事足りる場面が多い印象。

というかバンギ軸を捨てる勢いじゃないと使う機会は無いのではないかとさえ思えてくる。

ただ加速の特性はやはり強力なため、コケコやバシャの対策のためいずれは試してみたいポケモンの1体。

アクジキング

ただでさえ使い辛いのに悪統一で使うとか何考えてんだ!と思われるかも知れないが、私もそう思います。

いや、ほんとどう使えば良いのか全然分からないんだけど…。とりあえず、なんでダストシュート覚えなかった?

ダストさえあれば物理型の竜枠としてサザンと差別化できたのに…

ちなみにトリルでの運用も考えたが、悪タイプでトリックルームを使えるのはマーイーカとカラマネロ、あと伝説も入れるとフーパのみなので、色々と残念。

でもデザインが秀逸で、マッシブーンちゃんの次に好きなUBなのでいつか使いたいです。

まとめ

本当はゾロアークとかノクタスとか、過去産の流用個体もいくつか居ますが、やっぱり過去の世代に合わせた調整が多いので今回は見送りとさせていただきました。

今回は悪統一を紹介しましたが、機会があればゴースト統一もやってみたいと思います。まあゴースト統一こそいろんなトレーナー様のを参考にして調整したものばかりですが…

参考になったかどうか結構怪しいですが、少しでもタイプ統一に興味が出た方がいらっしゃれば幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。