【ポケモンUSUM】毒統一で使ってたポケモン達の紹介

【ポケモンUSUM】毒統一で使ってたポケモン達の紹介

他統一の記事はこちら

【ポケモンUSUM】タイプ統一パの戦い方

【ポケモンUSUM】悪統一で使ってたポケモン達の紹介

【ポケモンUSUM】ゴースト統一で使ってたポケモン達の紹介

最近oras以来あまりやってなかった毒統一を復活させてみたのですが、思いのほか勝てたし、やりたいプレイングも大体嵌ってくれたので潮時かと思い供養紹介をさせて頂く事にしました。

毎度の事ながら、他の毒統一使いのポケモンを参考にした調整が多いので、怒られないように雑めに書かせて頂きます。

結構テンプレに近いポケモンが多いので、プレイング次第ですが割と勝ちやすいと思います。やっぱり毒タイプは今の環境に刺さってますね!

スポンサーリンク

スタメン毒ポケモン

汎用性が高く、大抵の軸で採用されるポケモン

アーゴヨン

持ち物:きあいのタスキ

性格:おくびょう

特性:ビーストブースト

努力値:CSぶっぱ余りH

技構成:りゅうせいぐん/ヘドロウェーブ/だいもんじ/わるだくみ

特に何も言うことが無いレベルのテンプレアーゴヨン。

毒統一において辛い鋼タイプを大文字で一掃出来る事自体がかなりの需要であり、同時にメガマンダの上から流星を打ち込めるということで、毒統一が戦いやすくなったのはこのポケモンの存在が非常に大きいと言える

別にドラゴンZとかホノオZを持たせても良かったのだが、自分が今回一番使いたかったポケモンもZを持たせていたのでこちらにはタスキを持って頂いた。

余談だが、通常のパーティでもアーゴヨンがあまりに優秀なせいか、ボルトのサイキネやゲッコウガの神通力、果てはゲンガーがサイキネを持っているみたいで、「毒統一ならチョッキアーゴヨン使いやすいんじゃね?」とちょっと思い始めた。なんか良さそうな調整見つけたらまた紹介するかもしれません…ね?

ニドキング

持ち物:いのちのたま

性格:せっかち

特性:ちからずく

努力値:CSぶっぱ余りH

技構成:だいちのちから/れいとうビーム/10まんボルトorかえんほうしゃ/ふいうち

アーゴヨンとタスキとたま(意味深)の取替えっこが多発する、ニドクイン奥様の見てない所で知らない男(性別不明)と浮気してる男みたいな構図が出来てるノンケ♂

技範囲が優秀な反面、火力は特性があるとはいえ思ったより出ないため、初手に出してきたポケモンを削り、夫のアーゴヨンの起点にする場面が多かった。

アーゴヨンとセットでの選出が多く、同時にギャラドス及びテッカグヤが重たかったので、火炎放射を10万に変更。

後述するが、フシギバナをパーティに入れている事でヒコウZギャラドスやヒコウZランドロスを非常に呼びやすく、これらにニドキングは非常に強く出られる。この辺はタイプ統一ならではの選出誘導が決まりやすく、面白いくらい相手は手の平の上で踊ってくれた。

パーティに先制技持ちが少ないためなんとなくふいうちを採用したものの、そこまで欲しかった場面がなかったため、こっちを火炎放射にして、舞ったギャラの上を取れるスカーフ型で使うのも良いかもしれない。

アローラベトベトン

持ち物:フィラのみ

性格:いじっぱり

特性:くいしんぼう

努力値:HBベース余りA

技構成:ダストシュート/はたきおとす/リサイクル/ほのおのパンチ

前回悪統一のスタメン枠として活躍した個体をそのまま使用。相変わらず調整を忘れてる

元々一番の役割対象がテテフだったため、そのまま使っても全く腐らず、むしろエスパー技透かしとして大いに貢献してくれた。

テテフの後ろには大抵鋼枠かランドロスが控えているため、テテフのサイキネ→後投げで透かすの動作からはたきを打つか炎パンを打つかで先の展開が分かれる試合が多かった。大抵は炎のパンチを警戒しないのか、ノータイムでの鋼受け出しが多かった気がする。低レート帯だから…?

ちなみにテテフが謎の居座りで自然の怒りやムンフォを打ってこようが、こちらは余裕で3発分は耐えられる上、万が一急所を引いたとしてもフィラで回復出来るため後からゆっくりダストシュートで処理出来る。

物理方面はやや厳しいかもしれないが、不一致地震なら案外耐える事があり、後投げされたメガグロスも一応倒せる可能性がある。

悪統一ではこの子がミミッキュを相手していたが、後述する毒統一のメイン盾が対ミミッキュとしてかなりのポテンシャルがあるためそちらに任せる。

ゴルバット

持ち物:しんかのきせき

性格:のんき

特性:すりぬけ

努力値:H244B252D16

技構成:どくどく/はねやすめ/くろいきり/とんぼがえり

悪統一のバルジーナ然り、やはり安定した受けがいるパーティは強いとしみじみ感じる(タ統並感)

「輝石ゴルバットとかマイナーww」とか思ってる人もいるかもしれないが、輝石を持たせたゴルバットの物理耐久はナットレイと同等にまで上昇する

さらに羽休めや黒い霧、とんぼ返りがある分、受けとしてはナットレイをも超える脅威にもなり得る程。

ちなみにこの個体は素早さの個体値は0、つまり最遅個体となる。

後攻で羽休めやとんぼをする事の有用性はハッサム等で実証済みなのでいわずもがな。

特性もすりぬけであるため、例え相手が上から身代わりを張ったとしてもすり抜けて毒々が通る(しかも必中)。

黒い霧はミミッキュに強く出られるために採用。最近のミミッキュは当然ミミッキュZ型が多いため、ゴーストZの心配が減ったことで簡単に後出しが出来るようになった。まあ、ゴーストZ型でも急所を引かない限り受け切れるのだが…

ミミッキュ以外にもガブランドドリュの地震透かし、ギャラマンダUB等の積みリセット、受けループの逆嵌め等、本当に多くの場面で大活躍してくれた。

orasでは様々なアタッカーがはたきおとすを使用して扱い辛かったが、フェアリーの台頭で一気に数が減った事も追い風となった。

前述のベトベトンとセットの選出でエスパーと地面をそれぞれ無効化出来るため、バルジベトン構築と同じくゴルバベトン構築が非常に扱いやすかった。

スポンサーリンク

二軍毒ポケモン

ややピンポイント気味の対策を施したポケモン達。

ペンドラー

持ち物:ミズZ

性格:ようき

特性:かそく

努力値:Aぶっぱ、S最速100族抜きまで調整、余りHB

技構成:どくづきorメガホーン/じしん/つるぎのまい/アクアテール

毒統一を使うにあたって一番使いたかった型のペンドラー。

最近地味に流行しているのか、カクトウZやジメンZを持ったペンドラーもいるらしく、色々と将来性のあるポケモン。

ミズZは主にランドロス相手に打つため。

対面で威嚇を入れられた場合は一度剣舞で火力を確保する。ここで相手はじしんや岩封を選択するがそれは鉢巻でもない限りは耐えられるため、返しに上からミズZで沈められる。タスキは知らん

毒統一だとやはりランドロスは天敵であるため、型によっては後出しでも処理出来るこのミズZペンドラーは非常に重宝した。

A種族値が100ということで一撃で倒せない敵が多く、前世代では色々と苦労したペンドラーだが、Z技のおかげで様々な相手に対処出来るようになり、ただバトンを渡すだけのムカデではないという事を証明してくれた。

クソどうでもいいけど、新たに作ったこのミズZペンドラーのNNはいいんちょうにしました。(にじさんじパ制作フラグ)

フシギバナ

持ち物:フシギバナイト

性格:ずぶとい

特性:しんりょく

努力値:HBベース

技構成:ギガドレイン/めざめるパワー炎/やどりぎのたね/こうごうせい

毒統一用にヘド爆を抜いたただのテンプレメガバナ。

エスパーを呼びやすい毒統一においてそこまで信用出来る耐久ポケモンではないが、やはり種族値の力は偉大なのでゴルバベトンで対処出来ないゴリ押しアタッカーを受けるために採用。

技や調整に特に言うことが見つからないが、再三言った通り鋼タイプを呼びまくるのでめざ炎はほぼ必須。残りは環境によってお好みでって感じで雑に選んだ。

今がフェアリー黄金期なだけあって、パーティ内に2体ないし3~4体くらいフェアリーが入ってるパーティもザラにあり、ヘド爆が欲しい場面も実はまあまああった。

メガバナの耐久性が有名な事が功を奏し、相手がギャラドスを選択してきたら十中八九ヒコウZ持ち。リザードンを選択してきたらエアスラ入りメガリザYと判別出来るため、パーティに存在するだけで仕事をするという脅威の選出誘導力を発揮していた。

これらの飛行タイプに軒並みザケルガを放てるニドキングも、彼の仕事には高評価をあげたいノンケです。

ゲンガー

持ち物:ゲンガナイト

性格:おくびょう

特性:のろわれボディ

努力値:CSぶっぱ余りB

技構成:たたりめ/ヘドロばくだん/おにび/10まんボルトorみちづれ

メタグロスが重たすぎるので一時期使用した適当メガゲンガー。

基本的にゲンガーはCSぶっぱ一択派であるため、技構成でメタグロスをどうにかしようと考え鬼火祟り目型を選択。後から「これHSのほうがグロス倒しやすくない?」と思い割と早めの退場を食らった。

元々ゴースト統一で使用していた個体の技を変えただけのポケモンなので、機会があればHSで育成したい。

10万はなんとなくギャラに刺さるかなーと思って入れてみたが1度も使う事が無かったのでみちづれに変更。挑発でも良かったかもしれない

ウツロイド

持ち物:ふうせん

性格:おくびょう

特性:ビーストブースト

努力値:CSぶっぱ余りB

技構成:パワージェム/ヘドロウェーブ/めざめるパワー氷/ステルスロック

タスキをニドキングに奪われ、ボロ雑巾のように捨てられた愛を失った悲しき女(性別不明)

役割は風船持ちであるため当然ガブランドキラー。残念ながらめざ氷で確一で持っていく事が出来ないため、だったら自分でステロを撒いてやろうじゃないかという事で色々と詰め込まれた状態で採用された。

しかし現在のガブリアスはタスキやZ持ちが多く、スカガブの地震をどや顔で透かそうとしたら岩石封じでSを下げられつつ風船を割られ、上から地震でお陀仏というなんとも可哀相な存在に成り果てた。

ちなみにめざ炎の個体も持ってはいるが、この子以上の素早さで且つこの子以上の炎技が打てるアーゴヨンが現れたためちょっと厳しい。せめて大地の力を覚えてくれれば…

またしてもクソどうでもいい情報だが、この個体のNNはそふぃと言うぷり。当時プリパラ統一を作ろうとして挫折した際の名残ぷり。ゴーゴートのふわりはボックスを飛び出して、ポケリゾートでポケまめを貪り食ってるぷり。

まとめ

悪統一やゴースト統一の流用個体で組んでいたため、まだまだ改良の余地があるパーティでした。

結構サイクルを意識した構成ですが、その割にはスカーフや眼鏡持ちが存在せず、上から殴られたりピロゲンにボコられたりと散々な目にあったりしているので、もっと拘りアイテムを活用していきたいと思います。

ちらっとフラグを建てましたが、にじさんじというか、Vtuber統一は面白そうだとは思いました。怒られそうだから記事にはしないけど…

以上、毒統一でした。ゴースト統一やるかもとか言って違う統一してすみませんでした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。