【ポケモンUSUM】タイプ統一パからみたアローラのポケモン考察 | 驚天動地な英雄譚

【ポケモンUSUM】タイプ統一パからみたアローラのポケモン考察

スポンサーリンク

こちらもどうぞ↓

【ポケモンUSUM】タイプ統一パの戦い方

【ポケモンUSUM】タイプ統一パにおけるトリックルームパーティ考察

【ポケモンUSUM】悪統一で使ってたポケモン達の紹介

【ポケモンUSUM】威嚇ガオガエン入り悪統一パーティ

【ポケモンUSUM】毒統一で使ってたポケモン達の紹介

【ポケモンUSUM】ゴースト統一で使ってたポケモン達の紹介

【ポケモンUSUM】電気統一で使ってたポケモン達の紹介

以前、タイプ統一パの戦い方と称して各タイプ統一の特徴をご紹介しました。

おかげさまでそれなりに好評でしたので、今回はアローラのポケモンを中心に、タイプ統一で使えそうなポケモンを紹介できればと思います。

USUMになり教え技をアローラ産のポケモンも扱えるようになったので、

  • アローラのポケモンが覚えられる優秀な教え技
  • USUMで新たにタマゴ技等で習得する技が増えたポケモン
  • USUMから加入した新ポケモン

この3つを主軸にして考察していきます。

前回と同じく、本記事は通常のシングルレートを対象にしています。ダブルやスペシャル、伝説ありのフリーは想定していませんのでご了承下さい。

また、筆者である私自身、あまり経験していないタイプ統一もありますので、ある程度机上論での考察になる事が多々あると思います。それを踏まえて参考程度に読んでいただけると幸いです。

メジャータイプ統一

ポケモンの総数が多いため戦術の幅が広く、比較的扱いやすい部類となります。

ノーマル統一

毎世代追加のポケモンが多く、アローラのポケモンも例に漏れず多数ノーマル複合ポケモンが軒を連ねる。

基本的に鈍足ばかりで扱い辛いかもしれないが、教え技によって他タイプより多数の技を習得出来るのがノーマルタイプの特徴。

例えば初期鳥枠のドデカバシは、教え技でダストシュートはたきおとすを習得。特にダストシュートは現在のフェアリーが跋扈する環境でかなり有用な技であり、ドデカバシのメインウエポン足り得るポテンシャルがある。

ただしダストシュートは命中率がやや低めで外す危険があり、使うのに抵抗があるトレーナーもいると思われるが、そこでヤレユータンとの組み合わせをオススメしたい。

ヤレユータンは教え技で新たにじゅうりょくを習得しており、重力下であればダストシュートの命中が安定する点と、元々トリックルームを使えるため重力トリルの始動要員として活躍出来る。

ヤレユータンと同じ事をポリゴン2で出来るが、複合タイプの有無はタイプ統一にとって非常に重要な差別点であり、輝石を持たないという点で持ち物の自由度が違うので十分採用の余地はある。

炎統一

新たなUB、ズガドーンの追加と、ガオガエンの夢特性いかくが解禁された事で強化された統一。

とはいえズガドーンもガオガエンも、教え技やタマゴ技で大した技を覚えられない技マシン頼りのポケモンなので今回は割愛。

しかしながら、エンニュートバクガメスも大した技は追加されていない。そもそも炎統一は、例え半減で受けられようともタイプ一致の炎技の大火力で押す。これがメインの戦法と言われているので、チマチマした小細工は必要無いというのも一理ある。

ここで終わるとあまりにもあんまりなので、私個人としてオドリドリ(めらめらスタイル)を紹介したい。

オドリドリはフォームチェンジでタイプを変更出来るが、覚える技は全て共通という特徴がある。つまり全てのオドリドリがこごえるかぜを習得出来るという事になる。

これにより炎統一に呼びやすい地面タイプに氷技を叩き込める。

めざ氷で良いと思われるかもしれないが、素早さを一段階下げる事が出来る他に、コオリZの元にもなれるという事が何より重要。

メジャーな地面枠とされる霊獣ランドロスよりも素早さの種族値が高く、補正無C252振りを想定した場合、チョッキ持ちでもなければほとんど一撃で倒せるので試してみて欲しい。

まあ、かなりピンポイントな型なのでそう上手くはいかないとは思うが…

水統一

アローラのポケモンの観点から見ても、アシレーヌやドヒドイデ、カプ・レヒレなど強力なポケモンが揃うタイプ統一パ最強候補。

目立った強化がされたのはオニシズクモ辺りだろうか。

オニシズクモはタマゴ技でねばねばネットを習得したうえに、教え技でこごえるかぜを習得し、素早さが総じて低くなりがちな水タイプのポケモンをサポート出来るようになった。

あとはアローラのポケモンではないが、スワンナについても触れておきたい。

スワンナはUSUMになってタマゴ技でアクアジェット、教え技でアクアブレイクを習得した。

元々がむしゃらが使える事もあり、タスキで耐えてがむしゃら→アクアジェットの所謂がむせっか戦法が使えるようになった。

草統一

元々トリッキーなポケモンが多く在籍するだけあって、色々面白い技を習得出来るポケモンが多い。

カミツルギはたきおとすおいかぜは割とメジャーな技となっているがやはり草統一でも使いやすい。

ラランテスが教え技でばかぢからを習得したことにより、特性あまのじゃくと合わせた積みコンボが可能となった。ただ草単タイプで種族値も色々とアレなので、ネタの域を出ない。

そしてこれは実用性があるかどうか分からないが、ダダリンが新たにてっぺきこうごうせいを教え技で習得しているため、アンカーショットでのキャッチも絡めた物理受けとして使えるかもしれない。

電気統一

デンジュモクやカプ・コケコ等の電気タイプらしい高速特殊アタッカーだけでなく、アローラゴローニャやトゲデマル等の物理アタッカーも加入して戦術の幅が広がっている。多分。

とりあえず思いつくのは、デンジュモクが新たにじゅうりょくを習得したことで、重力催眠Zを1匹でこなせるようになった事。

同じくトゲデマルじゅうりょくを習得し、アイアンテールと合わせて物理アタッカー兼サポーターとして活躍が期待出来る。

SMから電気統一で使われてきたコケコライチュウはどちらも大した強化は得られなかった。といっても元から強力な2体なので別に問題ないだろうが…

スポンサーリンク

飛行統一

ノーマル統一でも紹介したドデカバシや、水統一で紹介したスワンナ等、面白い強化が施されたポケモンは多い。そもそも飛行タイプの総数が多いから当然といえば当然だが。

メテノがむしゃらを習得出来るようになったことで、初手でステルスロック等の起点作りの後にリミットシールドを解除して上から削れるようになった。

アローラのポケモンではないが、カモネギであいがしらいのちがけトロピウスドラゴンハンマーレディアンデリバードカウンターを習得。マイナーポケモン達が救済なのか皮肉なのかよく分からない強化を施された。

一応ヨルノズクぼうふうルチャブルフェイント等、使えそうな技を覚えたポケモンもいるにはいる。

格闘統一

いわずもがなSM以降えげつないレベルで使い辛いフェアリー被害者の会。

ご存知ジャラランガ先輩がUSUMでやっとインファイトを習得。さらに専用のZ技まで追加された。やはりよわいわけがなかったのだ。

フェローチェドリルライナーマッシブーンちゃんドレインパンチ等、UBは順当に強化されている印象。

個人的に推したいのはナゲツケザル

ナゲツケザルは教え技でダストシュートを習得しており、当然呼びまくるフェアリーに対する大きな対抗策になり得る。

素早さが中途半端なのが辛い所ではあるが、アイアンヘッドしねんのずつき3色パンチを習得したキテルグマケケンカニと合わせてトリルパを組むのも面白いかもしれない。

ただ格闘タイプでトリックルームを使えるのは伝説を除くとエルレイドしかいないのでやっぱり結構厳しい。ちなみにおいかぜならルチャブルのみが使える。

岩統一

新たなUBツンデツンデと、ルガルガンのたそがれのすがたが追加されたことで強化されたタイプ統一。

だがツンデツンデはともかく、ルガルガンは岩単タイプなうえに技範囲も微妙なので岩統一では少々扱い辛い。タスキ(がんじょう)カウンターのような戦法が出来る岩タイプは沢山いるし、アクセルロックも岩統一という都合上通りが悪くでんこうせっかのちょっと威力高い版くらいの感覚しか見出せない。

SMから岩統一の救世主的扱いだったウツロイドはさぞ教え技で強化されるに違いないと思いきや、教え技で特殊技を1つも覚えないというとんでもない欠陥を持っていた。

絶対だいちのちから覚えると思ったのに…

片や新UBのツンデツンデは、教え技によってじゅうりょくを習得し、命中不安な岩技のサポート+サブウエポンとして入るじしんの一貫を作ることに一役買ってくれる。

さらに元々トリックルームも覚えるため始動役として非常に優秀。ちなみにじゅうりょくとトリックルームを両方覚えるのはソルロック、ルナトーン、メレシーの3体。それらに比べても耐久と火力は段違いなのは明白。

地面統一

追加ポケモンが少ないうえ、既存のサンドパンとガラガラがアローラでタイプが変わってしまったせいで余計影が薄くなった。それでもダグトリオは地面統一の味方だよ…

ゴースト枠且つ受けポケとして優秀なシロデスナは、教え技でステルスロックじゅうりょく、タマゴ技でのろいを習得。地面統一においてじゅうりょくはかなり重要で、飛行タイプやふゆうにタイプ一致技が当たるようになるので一貫性は一気に増す。

同じタイプのゴルーグと違い、高い耐久値からのろいを使えるのは地面統一にとってかなり珍しく、地面タイプの持つ持ち前の耐久力と合わせて呪い殺す戦法も面白い。

アローラダグトリオやバンバドロは元々ヘビーボンバーやアイアンヘッドを使えるが、ここで新たにドダイトスバクーダヘビーボンバーを習得している点から、フェアリーに対するヘイトの高さが窺える。

スポンサーリンク

玄人向けタイプ統一

変わった技や特性を持つポケモンが多く、ある程度マイナーポケモンの知識が無いと扱いが難しい統一です。

エスパー統一

相変わらず追加ポケモンが伝説枠ばかりだが、通常のポケモンもちゃんと強化されている。

ノーマル統一でも紹介したヤレユータンはタイプの兼ね合いでこの統一では特に重要なので採用してみて欲しいが、同じタイプのキリンリキも新たにサイコファングを習得している。

まあ、A種族値が80しかないし、ハギギシリもいるので使う機会は少ないと思うが…。

もはやエスパータイプのド定番となってしまったカプ・テテフは他のエスパータイプの例に漏れずじゅうりょくを習得。きあいだまを安定して使えるようになったのは案外嬉しい。

毒統一

この統一は個別に記事を作成したのでこちらもどうぞ。

【ポケモンUSUM】毒統一で使ってたポケモン達の紹介

毒統一の記事でも紹介したが、アローラベトベトンリサイクル3色パンチ習得はかなりの強化で、レート戦でもこのポケモンは大いに活躍した。

勿論USUMで追加されたアーゴヨンも毒統一のエースとして活躍している。

あとはドヒドイデてっぺきがまあまあ使えるだろう、といった具合。統一で鉄壁を積むのは中々勇気のいる行動ではあるが。

ちなみに地味にダストダスボディパージを習得しているが、そもそもロックカットを使えるのにこの強化は一体何の意味があるのだろうか…?

虫統一

UBによる火力の増強から、クワガノンやオニシズクモ等の面白いポケモンが数多く追加されたポテンシャルの高い統一。

格闘統一でもフェローチェマッシブーンの2匹を紹介したが、この虫統一でも十分通用する強化がされている。

水統一ではオニシズクモねばねばネットを紹介したが、虫統一では他にも沢山この技を覚えるポケモンが多いので、構築に応じて使い分けて行きたい。というのも、実はアブリボンも新たにねばねばネットを習得しており、この技を覚えるポケモンの中で一番素早さが高いため、耐久を取るか素早さを取るかで選択する必要がある。

氷統一

いわずと知れた超劣悪環境の氷河期統一は、USUMの追加要素を持ってしても救済は難しかったか…。

一番はやはりキュウコンサンドパンの安定した霰パが強化といえるのでしょうが、USUMになってからこの2体に別段強化らしい強化は与えられていない印象がある。

となると残されている新要素はケケンカニ。一応教え技でかみなりパンチしねんのずつきアイアンヘッド等を習得しサブウエポンは充実したが、元々の素早さがアレなのでなんともいえない。

もっとフォローを入れておきたいが、あとはデリバードカウンターくらいしか追加要素が無い。本当にどうすれば勝てるの…?

スポンサーリンク

ゴースト統一

この統一は個別に記事を作成したのでこちらもどうぞ。

【ポケモンUSUM】ゴースト統一で使ってたポケモン達の紹介

教え技の観点からだと、ジュナイパーおいかぜや、ミミッキュドレインパンチ等それなりに良い強化が施されている。ちなみにジュナイパーは他にも新たにリーフストームかげうちがレベル技として追加されて使いやすくなった。えんかくは知らん。

ゴースト統一の記事でも紹介したシロデスナも、じゅうりょくのろいで優秀な起点作りが可能となり、ゴースト統一特有のトリッキーさにさらに磨きがかかった。

USUMからズガドーンの加入、ジュナイパーの夢特性えんかくが解禁されたが、別にそこまで強化されたと騒ぐほどのものではない。

ズガドーンの使いにくさについてもゴースト統一の記事で紹介したのでご一緒にどうぞ。

ドラゴン統一

バクガメス、ジジーロン、アローラナッシー、ジャラランガ先輩やアクジキング先輩等、やたらと癖の強いポケモンが多く加入したが、USUMからアタッカーとしてもフェアリー対策としても使いやすいアーゴヨンの加入でフェアリーにも強く出られるようになった。

教え技の観点からは正直、特に褒めることがない。強いて言うならジャラランガ先輩3色パンチを始めとした物理技の範囲が増し、専用のZ技でステータスを上げてから両刀で暴れやすくなったくらいか。

しかし一番期待していたアクジキング先輩はダストシュートを覚えないという不具合が発覚。

片や同じタイプのサザンドラは新たにゲップを習得し、ドクZに変換してフェアリーに致命傷を与えることが出来るようになり、格差は広がる一方である。

悪統一

この統一は個別に記事を作成したのでこちらもどうぞ。

【ポケモンUSUM】悪統一で使ってたポケモン達の紹介

相変わらずフェアリー黄金期の環境がきついが対抗策はいくらでも講じれる。

代表的なのはやはりサザンドラZゲップ。勿論警戒されることもあるのでアシレーヌやカプ・レヒレ等の遅いフェアリーを上手く誘うことが重要になる。

アローラベトベトンは当然フェアリーに対して最強の対抗策だが、呼ぶ鋼タイプに対してほのおのパンチを使ったり、くいしんぼうリサイクルで耐久を誤魔化したりとやれる事は非常に増えた。故に悪統一はどれだけベトベトンの負担を減らせるかが鍵になると思われる。

他にはアローララッタとアローラペルシアンがいるが、教え技で見るとペルシアンダストシュートを覚えた事くらいしか使えそうなものが無かった。

ペルシアンが覚えたのに、なんでアクジキングはダストシュートを覚えないのか不思議でならない。フェアリーに対し虫技が半減になるくらいよく分からない設定だと思う。

鋼統一

既存のポケモンが強すぎて、アローラで追加されたポケモンもUBくらいしか使われていないのような傾向が見られる。

新たにツンデツンデが加入したことで鋼タイプのUBは計3体となり、それぞれ耐久と重力トリルを使いこなすツンデツンデ。おいかぜサポートが可能になったカミツルギ。教え技があっても大して動きが変わらないテッカグヤと、それぞれ使用感は全く違っている。

それ以外だとトゲデマルじゅうりょくとそれに相性の良いアイアンテールを習得。鋼統一に有用かどうかはさておき、アンコールと合わせて面白い動きが出来そうなポケモンではある。

スポンサーリンク

フェアリー統一

元々SMでえげつない超強化がされただけに、カプ系並びにミミッキュは教え技でそこまで便利な技は配られなかった。

アブリボンは虫統一でも紹介した通り、ねばねばネットを習得したが、なんとペロリームまでもが同じくねばねばネットを習得した。それと対となる存在のフレフワンわるだくみを習得するという、いろんな意味で意外な強化が為された。

無難なところだとアシレーヌアクアジェットこごえるかぜを習得。といっても同じタイプで優秀なマリルリとカプ・レヒレもいるので優先度はやや下である事は否めない。

まとめ

今回はUSUMからの追加要素から話を広げましたが、基本的に「そのタイプ統一の苦手なタイプに対する有効打と新しい型の可能性」について触れました。なのでそれ以外の追加要素は今回紹介したものの他にも色々あるのですが今回は割愛させていただきました。

タイプ統一パの基本は「通常のパーティでは使われないポケモンや技を使う」事なので、これを参考に各々が自分なりに意表を突いた戦い方が出来れば幸いです。

それから、今回の教え技に関してやたらとじゅうりょくを推すような文章を書いていましたが、これはただ単に私がじゅうりょくという技が好きなだけです。重力は最高です!

でも本当に強いし、まず読まれないしで結構使ってみると面白いですよ?

重力パーティについてはまだまだ研究中なので、記事にするかどうかは未定ですが、タイプ統一の宣伝は細々と続けて行きますのでどうかよろしくお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。