ペルソナ好きのペルソナ5アニメ感想【第10話】 | 驚天動地な英雄譚

ペルソナ好きのペルソナ5アニメ感想【第10話】

P5A感想一覧はこちら

PS4を新たに購入し、PS3も使えない状態なのでペルソナ5(PS4版)を買ってきました。

また1から主人公を色欲のクソヤローに教育しようと思います。

PS3からアカウントを引き継いでるせいでトロフィー取得率はそのままだったので、ついでにまだ取っていない「自販機ドリンク全コンプ」と「ファミコンゲーム全クリ」を終わらせて100%にしてきますね

では感想です。

スポンサーリンク

第10話 I want to see justice with my own eyes

冒頭は真委員長のバレバレな尾行からスタート。

第6話の感想でも少し触れましたが、ゲーム中では本当にこんな感じで主人公の尾行をして来ます。

©ATLUS ©SEGA/PERSONA5 the Animation Project

おばあちゃんのおかげで尾行を撒いた蓮は、次の日職業体験でテレビ局へ。

職業体験…私は高校時代に地元の小さい遊園地に行って、そこのでっかい花壇に何の花か忘れたけど、球根をひたすら植えまくったのを覚えてます。

少し離れたところで仮面ライダーのヒーローショーをやってたので、観に行けない歯痒さから中々にもにょる想いでした。

まあどうでもいい自分語りは置いといて…

テレビ局内で早速プロデューサー的な人に勧誘される杏殿…彼女のヒロイン的な優遇もあとわずかと思うと悲しい気持ちになりますね!イェーイ!(サンバルカンOP)

杏殿は過去作で言うところの千枝やゆかりっちのポジションで、主人公の親友ポジの陽介や順平とくっ付くほうが自然だから仕方ないんですよね…まあ、順平は結局違う女にテレッテッテーしたわけですが…

まあ過去作の話題は避けるとして、テレビ局では遂に東郷一二三ことひふみん登場!

©ATLUS ©SEGA/PERSONA5 the Animation Project

将棋のプロ棋士で名前が一二三…どう考えても実在の人物がモデルです。異例の若さで全戦全勝という点も別の方ですが現実とリンクしてる部分があります。まあ後者はペルソナ5が発売された後に話題になってた気がするのでこっちのひふみんとは関係ないと思いますが。

あ、ちなみに私はペルソナ5の仲間以外のコープキャラではひふみんが一番好きです!(男性ならミリタリーショップの岩井さん!)

きっと後に彼女のイベントもアニメでやると思うので、そのときに色々語りたいと思います!

お昼の生放送?みたいな番組にあの明智吾郎がゲストで登場。

©ATLUS ©SEGA/PERSONA5 the Animation Project

サンタさんを未だに信じてるタイプとかナニソレ、イミワカンナイ

怪盗の行いに対し意見する明智に、偶然、たまたま、ラッキーにも怪盗団のリーダーである蓮にマイクが向けられ、蓮は怪盗団の行いは「正義」であると主張。

2人が初めて「怪盗」と「探偵」として「己の正義」に対して意見をぶつけたシーンでした。

ちなみに…

©ATLUS ©SEGA/PERSONA5 the Animation Project

このニュース記事で「探偵王子の再来」と書かれていますが、

これは勿論、ペルソナ4で主人公の仲間だった探偵王子、白鐘直斗のことだと思われます。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved

ペルソナ3~5までは世界観が同じなので、この5でも4のキャラである久慈川りせの広告を街中で確認できたり、特撮ヒロインとして活躍中の女子大生モデルの人や、警察学校の「カンフーの使い手の女性」についてテレビで取り上げられる等の小ネタが沢山あります。

番組が終わり、明智と蓮達は再び遭遇。

バームクーヘンだのパンケーキだの無駄に女子力の高い会話でした。

…以上ですが、何か?

ちなみにその頃、三島はなんかやらかして、叱られてました。なんだこの謎のアニオリ展開…

スポンサーリンク

再び学校のシーン、主人公達は不用意にも学校内で堂々と怪盗団の話題を口にし、まんまと真に音声を録音されました。

まあ、高校生だし、駆け出しでプロ(?)の意識とか全然無いし、現時点のメンバーが全体的にIQが低いので大目に見てあげてください。

©ATLUS ©SEGA/PERSONA5 the Animation Project

怪盗団の行いが本当に「正義」なのか、それを確かめるため、真から改心させて欲しいと新たなターゲット候補の存在を聞かされます。

…ゲームだと、ここでターゲットの存在を聞いてから何日も費やして街中に聞き込みして、やっと尻尾を掴んだところで真と主人公を囮に捜査をするのですが、さすがにアニメだとその辺のややこしいやり取りはカットされていました。

この辺の聞き込みは別に戦闘とかも無いし、合間にコープレベルを上げることも出来ないから結構ストレス溜まるんですよね。

それはそうと、カラオケボックスで一度集まって再び会議。祐介…金が無いからドリンクめっちゃ味わって飲んでたのかな…

ここで大宅がやっと本編で重要な役を担います。

大宅との待ち合わせ場所は夜の新宿のオカマバー。

蓮と竜司はそこで占い師、御船千早と初遭遇。彼女もコープキャラでかつ後の恋人候補です。

©ATLUS ©SEGA/PERSONA5 the Animation Project

声優はゲーム版では松来未祐さん、アニメ版では照井春佳さんです。

何故ゲームとは違うのかというと、松来未祐さんは既にこの世にいない方だからです。

松来さんの最後の仕事が、この千早さんの担当声優だったそうです。

ペルソナ4のアニメでは、イゴール役の声優、田の中勇さんが、ゲーム版のイゴールの声優を最後に死去したことで、アニメでは既に収録していた田の中さんの声でそのままイゴール役として登場しました。

その証拠にキャスト欄にも、イゴール cv 田の中 勇 (特別出演)と記載されていました。

ペルソナ5でもその手法を使うと思ったのですが、ペルソナ5のイゴールの声優が変更されたように、千早も変更ということになっていました。

声優の変更で違和感が無いといえば嘘になりますが、変更しても元の雰囲気はそのままで演技していた風に見えたので、これからも応援し続けたいと思います。

スポンサーリンク

ちょっとしんみりした話になりましたが、その間に竜司は異世界に連れて行かれました。

©ATLUS ©SEGA/PERSONA5 the Animation Project

単独で大宅のいるバーに訪れた蓮。

やっと金城の情報を聞き出しますが、交換条件として三島を取材の生贄にしました。

正義のためなら犠牲も厭わないといわんばかりの潔さですね。

さすがジョーカー!屋根裏のゴミ!

そしてラスト、金城のパレスへ侵入したところで終了です。

来週は天空に浮かぶ、個人的通称「汚いラピュタ」の攻略です。

果たして真はどう関わってくるのか!?

次回、北○の拳!生か死か!?荒野の果ては地獄の一丁目!「お前はもう、死んでいる」

まとめ

一番の点は、やはり聞き込みパートの工程の殆どをカットしたことでしょうか?

ゲーム版では、実際に被害にあった生徒に話を聞いたりして、金城に対するヘイトを高める描写はありましたが、その辺をカットしたことで、実際どんな被害を被っているかがイマイチ分かり辛い展開になっていた気がします。

まあ、来週その辺りを掘り下げると思うので、来週の放送を待てば良い話ではあるのですが…

ちなみに金城ですが、彼の声優、田中一成さんも既にお亡くなりになっており、千早と同じく変更されています。

一瞬しか台詞がありませんでしたが、別にそこまで違和感を感じなかったのでこれからに期待です。

来週、上記で思いっきりネタにしましたが、恐らく真の覚醒回になると思うので期待しましょう。個人的に祐介の次の次くらいに好きな覚醒シーンです!

では、今回はこの辺で…

関連商品の紹介

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。