【ネタバレ注意】劇場版ポケットモンスター みんなの物語【感想】

【ネタバレ注意】劇場版ポケットモンスター みんなの物語【感想】

キミにきめた!に続き、今度はアニポケ映画第二作目「ルギア爆誕」のリブート作的な位置付けのみんなの物語が公開。

私はポケモン映画は最初の「ミュウツーの逆襲」から「七夜の願い星ジラーチ」辺りを見て少し離れ、XYまで一気に飛んで「ボルケニオンと機巧のマギアナ」、「キミにきめた!」と見てきました。

ですので正直映画シリーズはそこまで詳しくないのですが、そんな私でも十分楽しめる内容でした。まあ今作はアニメシリーズと関係ないから当然ですが…

とりあえず自分なりに感想をまとめましたのでどうぞ

スポンサーリンク

感想

人間とポケモンの群像劇

今回の映画の主人公は「サトシ」だけではなく、老若男女様々な人間とポケモンがそれぞれの物語を歩むまさに群像劇の様な内容でした。しかもそのほとんどが最初はポケモンを所持してない、或いは手持ちじゃないというのも面白いところで、それぞれの登場人物のポケモン達との付き合い方が少しずつ違うのも結構変わった作品で新鮮だと思いました。

事件発生からはそれぞれの登場人物が立ち止まる場面で、そのパートナーであるポケモンが助けてくれるシーンが様々なシチュエーションで見られました。特におばあさんとブルーの死して尚繋がる絆が非常にエモかったです。

余談ですがアニポケはサンムーンに入ってからポケモンの生死について割と描くようになってる気がしますね。ムーランドとかメテノとか…

ちなみに私が推したいのはやっぱりカガチ&ウソッキーの嘘つきコンビです。

娘(姪だけど)のために奮闘する中年おじさんという構図はすごく刺さるものがあります。タイバニとかが該当するあの構図の事です。

あとウソッキー滅茶苦茶可愛いし、おじさんに終始ベッタリだし、捨てたモンスターボールを拾って手渡したときの泣き顔も非常に愛おしかったです。

姪の子の程よい幼女感も凄く良かったですぐへへ。

あの髪型はムウマ意識でしょうか?アセロラちゃんっぽくて可愛い

てか水瀬いのりと芦田愛菜の幼女先輩タッグの破壊力強すぎません?

サトシの扱い

今回のサトシの活躍って本当に少ないんですよね…

サブキャラの殆どがトレーナーじゃないからサトシは「バトル専門の主人公」のようなポジションで、事件発生からの活躍といったらゼラオラの電撃を生身で喰らってほぼ無傷な事くらいです。さすがのポケモンパワーである。

前作の「キミにきめた」のスタンスが「ホウオウに選ばれたサトシすげー!」だったのに対して、今作は「ポケモンと一緒ならなんだって出来るという事を教えてくれた少年」という、精神的な面で少しだけ後押しをしたキャラクターという扱いでした。

そのせいかピカチュウ以外のサトシの手持ちは登場しませんでした。

せめてリザードンがいれば聖火とか余裕で届けられた気がしますが、ボックスに預けてたんでしょうか?

登場ポケモン

ルギア爆誕のリブート作なので、登場するポケモンも第一、第二世代が主でした。

まあマニューラとかラランテスとかがちらっと見えましたが…

ロケット団(夏服仕様)もそれに合わせて既にソーナンスをゲット済み。ベロリンガと交換したのかな?

そして第二世代ポケモン界のカリスマ、トゥートゥー神(ネイティオ)も登場!

EDでヒスイおばあさんが寝ている一枚絵の隅っこでものすごい艶めかしい目で我々を見つめていらっしゃいました。マリルのくそみそな寝顔も見所です。

あとはちょっと細かいツッコミですが、ゲットレースとやらの街中でやるイベントにバンギラスとかいう大怪獣を野に放つのはどうかと思う…野生のバンギラスとか捕獲率めっちゃ低そう

アクションシーン

アニポケ映画といえば大抵は伝説ポケモンとのド派手なバトルが魅力ですが、今作はびっくりするほどバトルシーンが少なかったです。

とはいえラルゴを2度も絶妙にかっこいいタイミングで助けに入るサトシとピカチュウはさすがのイケメンっぷりでした。

というのも今回の映画の脚本は、アニポケXYで監督を務めた矢嶋哲生さんなので、今作のサトシはかなりヒーロー然とした性格になっている様に見えました。

ゼラオラの戦闘シーンもXYのジム戦を彷彿とさせるスピード感満載なシーンでした!

あとはポケモンじゃないですけど、リアルJKリサさん。

裸足で一山越えた上にエレベーター無しで高台によじ上るとかどんな身体能力してんの…

ゼラオラ

前情報が少なかったので、ルギアとどういう関係なのかがかなり気掛かりでしたが、別にルギア自体とは特に関わりがありませんでした。

過去の境遇で人間嫌いになったというのは、最近の映画だとボルケニオンを彷彿とさせますね。

最初はポケモンだけを助けていたゼラオラが、サトシの身体を張った説得で考えを改め、人間と協力して火事を食い止めました。

今作は色んな人間とポケモンが成長する過程を描くそれぞれの物語で、ゼラオラもその物語を紡ぐみんなの内の一人なんだと思います。

ルギア

ゼラオラの活躍に反し、ルギアは昔話での活躍とラストのあまごい以外に出番がありませんでした。「風のルギア」という割に雨を降らすくらいしかしなかったのはちょっと肩透かし感が否めません。

まあ、今作は敵となるポケモンが存在しないから活躍する場がそもそも無かったのが一番の要員でしょう。

あくまで伝説ポケモンという舞台装置的な役割で、スポットライトはそれぞれの登場人物とパートナーポケモン達に当てるという意味で、あえて出番を減らしたという感じはしますが…

スポンサーリンク

まとめ

総評として、個人的には「キミにきめた!」以上に好きだと思った作品です!

今回は映画ならではのアクションシーンを多少抑え、人間とポケモンの絆について深く掘り下げた脚本でしたが、私としてはそれこそがポケットモンスターという作品だと思いました。

今までは結局のところ、最後はサトシとポケモンの熱い絆を魅せるのが大前提としてありましたが、今回はサトシだけじゃなく、様々な視点で描かれる人間とポケモンの様々な絆を見る事が出来ました。

良い意味でも悪い意味でも、サトシというヒーローが中心だったのに対し、「誰もがヒーローになれる物語」を群像劇という形で踏襲したのが本作で、ポケんちやらその他の宣伝でも度々コメントされていた「大人も子供も全員が楽しめる作品」という評価もまさにその通りだったと思います。

今の子供は知らないかもしれませんが、ポケモンがまだ第二世代(金銀)が最新作だった頃、ポケットモンスタークリスタル ライコウ雷の伝説というアニポケの番外作が存在しており、そこにはサトシどころか全てのアニポケの登場人物が存在せず、オリジナルキャラクター(主人公とヒロインはゲーム版金銀の主人公と同存在)だけで物語が進みます。

この作品の評価はどうかは分かりませんが、私はこの作品は結構好きでした。

勿論サトシの物語も面白いですがさすがにマンネリ化が進んでいるように思えるし、私もライコウ伝説の時みたいに主人公変えれば良いのに…と度々妄想する事もありました。

そんな心境の最中で公開された「みんなの物語」…視聴後は「アニポケもこんな感じに群像劇にすればいいのに」と少し思いました。

主人公を変更しろとは言いませんが、別視点で繰り広げるポケットモンスターがあったって全然不思議じゃない筈です。実際今作は本当に上手く脚本も練られていたし、何ならそれぞれのアフターストーリーなんかも映像化、或いは書籍化という形で作って欲しいとも思いました。

人とポケモンの数だけそれぞれ物語があって、そのそれぞれを表現するにはやっぱりサトシだけでは限界があるので、こういった形で人間とポケモンの絆を沢山描いてくれた作品は、私にとっては所謂「サトシというトレーナーの英雄譚」のような作品よりもずっと好感を持つことが出来ました。

そして次回作はなんと第一作目に戻ってミュウツーの逆襲evolution!

第三世代にはいかないんだ…

ゲノセクトとメガミュウツーとはなんだったのか…

未だ映画シリーズの原点にして頂点を地で行く「ミュウツーの逆襲」がどのように生まれ変わるのか…それも気になるけど映画が公開される頃のゲームの対戦環境がどうなるのかが一番気になるところです。第8世代はないだろうけど、ダイパリメイクはそろそろ現実的な年になってきた気はする…

着地点が結局対戦環境の話になってしまいましたが、今回は今までとは少し違ったポケモンが観られて非常に満足な結果となりました!

ここまで感想を見て頂きありがとうございました。

ポケモンの記事はまたタイプ統一に関する記事を細々と続けるつもりなので、また宜しくお願い致します!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。